ドライオーガズムに可能性を認めたら

若い人も年配者も、セックスやオナニーで得る快感には興味があるはずです。
現代社会は性に寛容になったと聞いており、それらはあらゆる面で生活に関わりがあります。
ただ、男性同士のセックスや、アナルオナニーなどはまだまだアブノーマルに分類されており、それらが認知されるには時を待たなくてはなりません。
男性がアナルで感じることは古代キリスト教でも他の地域でも本来タブーとされてきた物です。
これは不浄との観念があったからですが、実はそれ以上の理由がありました。
その一つがドライオーガズムで、これは男性がアナルに「入れられた」時の絶頂感が非常に大きいことにも由来します。
直に前立腺を刺激されることによって得られる快感は射精など比較にならない物であり、そのすごさについては各文献が語っているのです。
これから性についてさらに興味が出てくる若い人たちにとって、ドライオーガズムはかなりの可能性が認められる絶頂の状態と呼べるでしょう。
男性にとってペニスを刺激する快感より、アナルから器具などを入れて前立腺を刺激するほうがはるかに刺激的です。
それは、絶頂に達した人が「おおっおおう」などと声にならない声を出して悶絶する様子から見ても明らかで、すさまじい快感が全身を駆け巡っている様子が伝わってきます。
今はアナルへの刺激はタブーでもあり、実際成人男性がお尻の穴に指や器具を突っ込んでいる姿はちょっと見には恥ずかしい物です。
しかし、そこで得られる快感を考えると、セックスやオナニーでこういう格好になってもいいやと思える面があります。
ちょっとした刺激にしては強すぎるかもしれないアナルの快感は、知ってしまうと病みつきになる危険な香りを放っています。
逆にいえば、これを極めれば男性はセックスや性に関しては勝ったも同然です。
なにしろ、射精以上の快感がいつでも得られるわけですから、高いお金を払って風俗に通ったり、セックスのたびに消耗しなくてよくなります。
これを知れば、射精が純粋に生殖行為につながる物だと認識できますし、アナルの快感が純粋に絶頂を得るための物だとわかるでしょう。
ドライオーガズムは絶頂を体感するにはかなりいい体験でしょうし、実際にそれを目的にしてみんながアナルを開発しているとも考えられます。
前立腺刺激については、性感エステなどに行くと、かなり詳しく教えてくれる場合があります。
こうした風俗店は男性をイカせることにかけては半端でない実力を持っており、テクニックに長けた女の子をそろえているのです。
彼女たちは非常に高い実力を有しているので、それだけに安心感があり、お任せしてもいいと感じられる雰囲気を持っています。
プロの手によってドライオーガズムに導かれると、非常に良い気分になれるのは間違いありません。
感じやすい部分は年齢や経験と共に変わってくる物でして、それが性感帯の開発とも関わっているのでしょう。
今はそうした知識が非常に役に立つ時代です。

Comments are closed.