ドライオーガズムの成功の秘訣

ドライオーガズムと聞くと、どうしても「マニアック」「難しい」などというちょっと近寄りがたいイメージがありますよね。
実はぼくもずっとそう思っていて、普通のセックスに飽きた人が物好きな感じで試してみるコアなテクニックだと考えていました。
しかし、実際に自分が経験してみるとまったくそんなことはなく、誰にでも体験できる、ごくごく普通のマッサージなんです。
男性でいるのなら、一生に一度は経験しておきたい特別なオーガズムですが、ちょっとしたコツがいるのもまた事実です。
よく女性がオーガズムを感じるまで時間がかかったり経験が必要だったりしますよね。
ドライオーガズムもそれと同じで、そのテクニックで絶頂を感じるための下地作りが大事になってきます。
それまで乳首では感じなかった人も、テクニシャンの風俗嬢に責められて以来、乳首なしでは満足できなくなってしまった、というような具合です。
ですので、最初はテクニックのある女性に身を任せるのが大事だと思います。
今はドライオーガズム専門店など、様々な前立腺を刺激してくれるプロのお店がたくさんあるので、一度経験してみましょう。
最初はなんでもなかったものがGスポットを刺激されてこそばゆく、しだいに入り口だけで、性器に触れなくても喘いでしまうまでになるのです。
ぼくも同じような感じで、最初は「やっぱりドライは無理かな」と思ったものですが、数度通うだけで激しいドライに突入するこができました。
「ドライに突入する」ということは、簡単に言えば幾度も絶頂感を感じることができるということです。
前立腺が極度に敏感になっているため、一度達してまた肛門括約筋を引き締めると、その圧力だけでまた絶頂が襲ってきます。
それはまるで大きな波のようで、自分ではもう止められません。
そうなるには人それぞれのコツがあるらしく、ぼくの場合はマッサージを受ける体勢にコツがあります。
最初は正常位でまんぐり返しのようにしていたものを、達しそうだと思ったら横向きに体を返すのです。
なぜかと言うと、激しく腰や背中がけいれんしてのけ反ってしまうので、正常位では首を痛めることがあるのです。
それに、体を横に倒すことで肛門の奥のGスポットが指やおもちゃに当たりやすくなるので、激しい続けざまの絶頂を味わうことができます。
これは個人的なコツなので、中には正常位でなければイケない人や四つん這いが一番感じるという人も中にはいるようです。
何度も経験することによって、どうしたら自分の体が素直にマッサージを受け入れるようになるのか、自分でコツを探っていくのもドライオーガズムを楽しむ上で大事なことだと思います。
一度コツさえ分かってしまうと、プロの女性がいなくても自分の手だけで楽しむこともできますよ。
でも、やはり慣れた風俗嬢の細くてしなやかな手には敵わないので、お金が貯まったらお店に行って楽しむようにしています。
ドライオーガズムって、意外と簡単なものなんですよ。

Comments are closed.