体験しないともったいないです

色々な風俗店に行った私ですが、ソープランドや彼女とのプレイとは全く違う快感のドライオーガズムに癖になってしまっています。
これは、普通の射精とは全く違う不思議な味わうことができるのです。
私が、癖になったのは大体一年ほど前です。
元々前立腺マッサージに興味がありまして、以前から風俗店に行くときの選択肢の一つに前立腺マッサージをしてくれる性感マッサージもよく候補に挙りました。
しかし、前立腺マッサージから確実にドライオーガズムに達するのは実は難しいのです。
ある程度、自分でも性感帯を開発しなくてはなりません。
其のひとつがエネマグラです。
私は、何度か性感マッサージで前立腺マッサージを受けていたのですが、なかなか絶頂の感覚を得ることができませんでした。
そのため、風俗嬢の女の子に相談したら、自分である程度開発しているお客さんもいるよ、と教えてもらったので、性に対するパイオニア精神が豊富な私は早速エネマグラを購入しました。
自分で、夜オナニーするときに使うようにしていました。
最初は緊張感でアナルに力が入っていましたが、慣れてくると力を入れずにスムーズに挿入して前立腺を刺激することができるようになりました。
自分でもかなりの気持ちよさに達することができるようになったので、また性感マッサージのお店で女性の手伝いで最高のドライオーガズムを迎えようと決めて早速行ってきました。
いつもの慣れている女の子を指名して、自分は今日は必ず絶頂迎えたいと言ったら、笑われました。
そんなに、息巻いていたら絶頂できるものもできないよ、と笑われました。
そのようなくだらない会話で緊張も解れたのが良かったのでしょうか、プレイの最中もまったく緊張感なく体の力も良い感じに抜けている状態でした。
アナルにローションでドロドロになった指を突っ込まれるだけで、気持ちよくて声が出てしまうくらいには、開発されていた私の前立腺ですが、今回はそれよりもさらに一段階上の快感を味わいました。
自分でするのと違い、いつ刺激が来るのかわからないのがまた良いです。
そのまま数分間私は、女の子の好きなように弄ばれていました。
徐々に高まる快感に私の声はだんだんと大きくなってきました。
決してパートナーには、見せられないみっともない姿ですが、本当に気持ちよくてどうしようもなかったのです。
そして、ついに絶頂を迎えました。
まさに絶頂というのがピッタリの感覚に襲われ、射精とはまったく違う世界に行ってしまいました。
その後は、体の力が完全に抜けてグッタリしてしまうくらいの状態だったのですが、さらに前立腺を刺激されると、また再びイってしまいました。
射精でしたら、連続で絶頂感を迎えることはないのですが、ドライオーガズムだと何度でもイクことができるのです。
このような体験は、はっきりいって射精よりもすごい快感です。
食わず嫌いで、ドライオーガズムの気持ちよさを、一度も体験しないのはもったいないです。

Comments are closed.