恥ずかしがらずに希望を伝えてよかった

私は、いつも都内で性感マッサージを受けています。
他の風俗もいくのですが、Mタイプの人間ですので、完全受け身で女性の支持されるまま絶頂に導かれる性感マッサージが好きなのです。
元々私は自分が、Mタイプだということに気づいていませんでした。
初めて性感マッサージを利用したのは、痴女コースで普通のプレイを楽しみました。
その時、お互いで責める時があったのですが、私は女の子に責められている時の声の出し方がどうやらMっぽかったらしく、女性にもしかしたらMタイプかもしれないよ。
そう指摘されたのが、自分がMタイプと気づくきっかけでした。
その後は、その指摘してくれた女の子を指名して性感マッサージをいつも頼んでいました。
いつも一方的に責められて射精して、とても満足していたのですが、ひとつ心の中に要望がありました。
それは、ドライオーガズムを迎えたいという事です。
しかし、それを対面したあと直接言うのは恥ずかしくて、なかなか言い出すことができずにいました。
ですが、私の通っているお店はメールでお店に要望を出せば直接女の子に言い出しにくいようなプレイの要望もできるので、恥ずかしがらずに勇気を出して要望を出してみました。
そして、メールを出したあとのプレイの時、女の子は僕の前立腺を責めてきました。
その感覚のあまりの気持ちよさに悶え、絶叫してしまいました。
こんなに気持ち良い世界があるなんて、今までの射精とは全く違う世界があるなんてと非常に感動しました。
恥ずかしがらずに希望を伝えて本当に良かったと思いました。
しかし、前立腺マッサージの気持ち良さを味わうことができたのですが、初めての前立腺マッサージではドライオーガズムに達することはできませんでした。
これは、どうやら普通のことらしいです。
初めての前立腺マッサージで絶頂感を迎えるためには、自分で性感開発をしておく必要があるそうです。
もちろん、そんなことしなくても初めてで絶頂する人もいるらしいですが、たいていの人は事前の訓練が必要らしいです。
前立腺マッサージだけでもこれだけ気持ち良いので、せっかくだからさらにその上の気持ちよさを見たいということで、自分でトレーニングを初めて見ました。
詳しいやり方は、女の子に聞いた方法にインターネットの情報を付け加えて、自分流にアレンジした方法で前立腺トレーニングをしました。
最初は、気持ち悪かったのですが、しばらく続けていると自分でもかなり気持ちよくなれるようになりましたので、性感マッサージでトレーニングの成果を見てみようと思いました。
女の子に、前立腺マッサージのトレーニングをしていることを伝えると、いつもよりも強めに責めてくれました。
自分でするのとは全く違う、予想ができない刺激が襲ってきました。
自分でも信じられないくらい早く絶頂を迎えてしまいました。
この感覚がドライオーガズムなのかと感心するのと同時に、他の人も恥ずかしがらずに前立腺マッサージを受けるといいのに、と思いました。

Comments are closed.