男なら一度は味わいたい気持ちよさ

色々な性感がありますが、その中でも男性ならば一度は経験しておいたほうが良いのはドライオーガズムではないでしょうか。
SMプレイと並ぶなかなかパートナーとは体験できないプレイの一つです。
彼女や恋人、あるいは妻がいるような人でもこの気持ちよさの虜になっていて、こっそりと性感マッサージに通っている人は、多いです。
ドライオーガズムの良い点は、男性の射精の絶頂感と違い何度でも絶頂感を迎えることができるということです。
もちろん、いきなり初めてでその領域に達しない人もいますが、何度も繰り返すうちに多くの人がその領域に行けるのです。
ある程度のトレーニングが必要なのですが、いきなり自分でトレーニングを始めてしまうよりも、プロフェッショナルな人にある程度のやり方を教えてもらうと効率がよいでしょう。
この場合のプロフェッショナルとは、性感マッサージ店で働く女の子達です。
もし今まで性感マッサージに行ったことが無いならば、少しもったいないかもしれません。
ここで味わえる快感は一般的な快感とは全く違うのです。
彼女とのプレイの時には、まずできないような完全受け身で楽しむことができるのです。
パートナーの女の子がSだというならともかく、普通の人は完全受け身はプライベートでは難しいです。
私は、何度か性感マッサージを受けていると、だんだん前立腺マッサージに興味を持ってきてしまいました。
前立腺を刺激されると、とても気持ち良いのです。
ドライオーガズムには達しないまでも、前立腺マッサージは気持ち良いので、性感マッサージに慣れてきたので、次は前立腺マッサージを体験することにしました。
この感覚は、男性特有の感覚らしく、男性の方が女性よりもお尻が感じやすいのは、この前立腺が及ぼす快感が原因だと言われています。
前立腺マッサージに慣れてきたら、ドライオーガズムまでは、あと少しです。
そのあたりで、女の子に支持されたので自宅でも自分で前立腺をたまに刺激するオナニーをするようにしていました。
かなりの気持ちよさを、自分で前立腺マッサージしても得られるようになったので、ドライオーガズムに達することができると思い、性感マッサージ店でお願いしました。
自分でやっても気持ち良いのですが、やはり可愛い女の子に屈辱的なポーズをさせられて前立腺を刺激されるのは、より一層気持ち良いものです。
だんだんと気持ちが高ぶってきて、声も出してしまいました。
自分の家だと、あまり大声で喘げないので、お店ではその分大声で喘いで日頃のストレスを発散しています。
そのまま数分間責められていたら、気絶しそうな快感が襲ってきました。
しかも、一度だけでなく何度も何度もです。
これが私のドライオーガズムの初めての体験でした。
ここまで時間がかかりましたが、男に生まれたらこの気持ちよさは一度は味わっておくといいと思っています。
一度その領域に達したら、あとは比較的容易にまた達することができるようですね。

Comments are closed.