色々なお店でドライオーガズムを体験中

私は、性感マッサージのお店が好きで、昔から色々なお店に通っています。
都内で働いているので、仕事帰りに五反田や池袋等のお店に行くことが多いです。
気がむいたら柏や千葉等の別のエリアに行くこともありますし、出張先の九州や北海道でも地元の性感マッサージに行くことがあります。
このように色々なお店に行くのですが、その多くで私が最近ハマっているプレイがあります。
それが前立腺を刺激してもらうプレイです。
前立腺は、ご存知のように男性特有の機関です。
アナルを感じやすいのは男性の方が女性よりも圧倒的に多数なのは、この前立腺のおかげなのです。
数年前に、私は初めて前立腺マッサージを受けました最初は、ちょっと抵抗感もあったのですが、何度も繰り返しているうちに普通のセックスでは、味わえない感覚に癖になってしまいました。
日ごろ溜まった仕事のストレスを発散できるプレイだと思っています。
それは、完全に受け身で、女性にみっともない姿を晒す気持ちよさがあります。
私は、精神的にマゾの傾向があるのかもしれませんが、多くの男性も同じような傾向があると思っています。
彼女や奥さんと性行為をする時には、男性の多くがリードしていますので、多少気を張った状態で性行為をしていると思います。
しかし、前立腺マッサージを受けてドライオーガズムに達する時には、男性は完全に受け身の状態です。
この通常と違う、マゾタイプのプレイをすると、男性は完全に心から解放されて性感を楽しむことができるのです。
私が、いつも通っているお店のほとんどの女性たちが、私をドライオーガズムに達しされる技能があります。
最初の数回は、同じ女性に身を任せたほうがよいでしょう、そうした方がリラックスしやすいので、ドライオーガズムに達しやすいのです。
一度その絶頂の感覚を掴んだなら、色々なお店を試してみましょう。
絶頂に達する課程の責め方が、それぞれに女性で違うことを味わえるからです。
ある女性は、お尻に指を入れる前の段階の責めで非常に焦らしてきます。
その女の子をこの前指名しました、すごい焦らされて、体が快感を求めて震えてしまいます。
もう限界だ、そう思ったときに、アナルにローションをたっぷりつけた指をねじ込まれましたので、驚きと快感が同時に襲ってきて、大きな獣のような声を出してしまいました。
それからは、あっという間に絶頂に達してしまいました。
このように女性によって、それぞれ異なった得意な攻め方がありますので、せっかくだから色々な責め方を体験してみると楽しいです。
ドライオーガズム自体の気持ちよさは、間違いなく癖になってしまいます。
仕事で溜まったストレス等、日頃の鬱憤を晴らすのにも最適です。
気持ちよさで喘ぐという体験ができるのは、性感マッサージ店で前立腺マッサージを責められる事の他にはなかなかないと思います。
まだ体験したことがない人は、勿体ないのでぜひ一度ドライオーガズムを体験してこちらの世界に来て欲しいものです。

Comments are closed.