M性感風俗で味わったドライオーガズム

お尻の穴に器具や指を突っ込み前立腺を刺激することによって得られるドライオーガズム、射精の数百倍も気持ちいいとか、連続して何度も得られるなど噂ばかりが先行してとても想像がつきません。
昔、ファッションヘルス店でお尻にバイブを突っ込んでくれるというオプションがあって頼んでみたことがあるのですが、お尻に入れられているにもかかわらず、バイブが入っていることすら気が付きませんでした。
どうも直腸には痛みや快感を味わう神経が通っていないらしいのです。
もし直腸が刺激によって感じるのならば、毎日トイレで踏ん張って出すときにそれなりの性的快感を味わうはずです。
そのような快感を得ない以上、やみくもにお尻に異物を挿入しても気持ちよくなるはずはないというのが理屈と思いました。
しかし、ドライオーガズムを売りにする風俗店がある以上、いろいろと悩んでいても仕方ありません。
自らの体を実験台にして体験するのが一番です。
その上で判断しようと思って勇気を出してM性感風俗に電話をしたのですM性感風俗というのは、最近デリヘルを抜く勢いで人気が出ている風俗で、ホテルに女の子を派遣し、さまざまな施術をしてくれるというものです。
男性はそれを一方的に受け身になって受け入れなければなりません。
男性からの責めがないところが特徴で、女の子はエステティシャンとかマッサージ師のように自分の持てる技術で男性の体を嬲りまわすというのがお仕事です。
そのサービスの一環として前立腺マッサージから導かれるドライオーガズムがあるのです。
お店の講習は非常に懇切丁寧かつ厳しいらしく、ベテラン風俗嬢や現役看護師、エステティシャンなどからスキルを叩きこまれるとのことで、プロの技術を誇るという点ではまさに期待大なのです。
あまり期待し過ぎると上手く行かないときにがっかりするので、もし感じられたらラッキーというノリで女の子を派遣してもらいました。
やって来たのは妹系の美少女タイプで私の好みにど真ん中のストライクです。
男の潮吹きコースとドライオーガズムコースがあるとのことで迷わず後者を選択しました。
前者も興味があったのですが、それは次回のお楽しみです。
いよいよお尻の穴を責めてもらいます。
ローションをたっぷり塗ってお尻周りをほぐします。
綿棒を入れられても特に感じないのは分かっているので、最初から指を入れてもらいました。
女の子の指ならお尻の穴から入れられると、さすがに感じることができます。
指が直腸の壁を通じて前立腺を探して行きます。
すぐに見つかったらしく、下半身に鈍い痛みのような気持ちのいい刺激のような、今まで経験したことのない感触を味わいました。
頃合いは良いと思ったのか、女の子はエネマグラを私のお尻に挿入します。
呼吸を一定のペースにするように言われ、身体の力を抜くように指示されました。
すると急に何かがこみ上げて来たと思うと滅茶苦茶な気持ち良さを味わいました。
例えて言えば射精の快感が数十秒も続く感じです。
女の子からそれがドライオーガズムと言われました。
感じたのは一回だけだったのですが、初めての挑戦で体験できて良かったと思います。

Comments are closed.